毛根 死ぬ

毛根が死んでなければ、髪に必要な栄養をとって育毛剤でケアをすれば髪は取り戻せます。ここでは髪に必要な栄養素と食事について紹介します。

毛根 死ぬ > 髪にとっていい栄養素、食事とは?

毛根が死んでなければ、髪に必要な栄養をとって育毛剤でケアをすれば髪は取り戻せます。ここでは髪に必要な栄養素と食事について紹介します。

髪の主成分はなに?

髪の90%以上を構成しているのはケラチンというタンパク質です。
ケラチンはさらに18種類のアミノ酸が結合してできており、その中でも「シスチン」という硫黄を含んだ成分が一番多くを占めています。

髪を燃やした時に(故意に燃やしたりはしないと思いますが、燃えてしまった時などです。)硫黄のような臭がしたことはありませんか?

あれはこのシスチンが多く含まれているから硫黄のような臭いが発生するといわれています。


またよくワカメや昆布などの海藻類が髪のもとになっているから、よく摂ったほうが良いという噂もありましたが、あれも全くの嘘です。
髪と海藻とで見た目が似ているのでそういうった噂がでたのかもしれません。
もちろんワカメや昆布の海藻が髪に必要ないということではありませんが、あくまで髪の質をよくするくらいの効果しかありません。

タンパク質をそのまま摂っても髪にはならない

タンパク質は上に書いたように髪の主成分なので摂取することは非常に重要なのですが
タンパク質を食べたからといってそれがそのまま髪の毛になるというわけではありません。

その道理が通るのであれば、髪の毛を食べればそのまま髪になっちゃいますしね。


これはお肌のことでもよく言われる話なんですが、コラーゲンを摂っても肌はプルプルにはならないということです。

どういうことかというと、タンパク質が豊富な肉や卵、コラーゲンを摂ると胃などで細かい分子に分解された後に
他の栄養素と一緒に髪の毛や肌や爪などが作られます。

単純に髪のもとになるからタンパク質を沢山とればいい!わけではないということです。


タンパク質の1日の摂取量の目安としては体重g分です。

具体的に言うと、60kgの人であれば1日に60g分のタンパク質が必要ということになります。

60gと聞くと少なそうに感じるかもしれませんが、食生活だけでこれだけとるのはかなり大変です。

最近ではトレーニングをする人以外でもタンパク質の補給にプロテインを飲む人が結構います。